看護部紹介

目指すのは、安全な技術の看護と安心感。
その両方を持つ人材を育成していきます。

  • ① 安全・安心で患者様やご家族が満足する看護を提供する。
  • ② 専門職として役割を果たし、地域医療機関や住民から信頼されるように努める。
  • ③ 多職種との連携を図り、患者様一人一人を尊敬したチーム医療を行う。

看護部メッセージ

回復期リハビリテーション病院での看護は、医療処置や状態観察だけでなく、患者様の「生活」や「生きがい」にかかわっていきながら新しい視点で、看護の奥深さに気づくことができる新たな世界があります。
当院へ入院された患者さんが、その人らしく生き生きと家庭生活や社会復帰ができるように、医師・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・事務部門など多職種との調整や連携を行うことも看護の大切な役割です。
患者さんが日々のリハビリテーションで「できるADL」となったことを、日常生活の中で「しているADL」につなげていくよう他部門と協力体制をとりながら看護の力を発揮していきたいと考えます。

看護部長 鈴木 しづえ

新入職サポート体制~プリセプター制~

プリセプター制

看護師として職場にスムーズに適応できるように「良き相談相手」「身近なローモデル」としてあなたの特性や現場の状況に合わせてチーム全体でフォローします。 新入職サポート

もっと学びたい、もっと成長したい。
その気持ちにこたえる環境が整っています。

院内教育・院外教育・専門分野・マネージメント

私たちが臨床実践能力を高めるための教育体制 5つの柱

教育体制

患者さん一日の生活スケジュールと看護業務

患者さん一日の生活スケジュール看護業務

進学・結婚・出産などを機に臨床を離れている方。
そんなあなた方を私達は応援します。

看護師のメッセージ
Q.
現在のお仕事について教えてください。
A.
リハビリ看護にやりがいと楽しさを感じ、回復期リハビリテーション看護師(※)を取得しました。
回復期リハビリ病院では患者様が笑顔で退院していく姿を見ることができ、とても達成感があります。退院後に患者さんが自分らしい主体性を持った生き方ができるように、日々取り組んでいます。
※回復期リハビリテーション病棟協会認定
看護師のメッセージ
Q.
将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。
A.
回復期リハビリテーション病院の看護師として、必要な知識を習得するための研修にも参加しやすい環境が整っています。幅広い知識を持った信頼される看護師になるよう頑張っています。

継続教育

教育体制はプリセプターシップを導入しており、必要な援助が習得しやすい環境を整えています。また、入職して3日目、3週間目、3か月目にプリセプターとの食事会もあり交流を深めることができます。

看護実践に必要なスキルを習得するために、e―ラーニング(院内研修のための講義映像を配信するサービス)を使用し自宅でPC・タブレット端末・スマホで学習できる体制もあります。これは120以上のテーマがあり、基礎・中堅・管理職・チーム医療とコースが分かれており、最新情報や専門性を高めるためのテーマが揃っており、看護師は、自由に視聴することが可能です。

さらに、関連グループ病院の認定看護師による講義や、院外研修への参加も積極的に参加することができる環境にあるため、看護の実践能力を高めていくことができます。

キャリアアップ

当院では毎年国内・国外旅行を実施しているほか、日々の向上心を持って働くことが出来る様考えています。

ヨーロッパ研修(ドイツ)
アメリカ研修(ロサンゼルス)
オーストラリア研修(シドニー)病院視察
カンボジア研修(アンコールワット)病院視察
*院内規定により、経験年数に応じて参加可能

ヨーロッパ海外研修
アメリカ研修
オーストラリア研修
カンボジア(アンコール小児医療病院)
カマチグループ全体の取り組みとしてアンコールフレンズ基金に参加しております

院内旅行

毎年、50プラン以上から自分の希望する旅行を選択できます。(積み立て制度・病院補助あり)

海外旅行
ハワイ
香港
ローマ
国内宿泊旅行
石垣島
金沢
日帰り旅行
帝国ホテル ランチバイキング
スカイツリー
熱海
軽井沢