診療のご案内

わたしたちの取り組み

ADLの向上が目標です。(ADLとは、日常生活活動動作の略語です)

離床活動 個別訓練以外にも、趣味活動やレクリエーション、体操などの集団訓練を行い、起きて生活する習慣をつけていただきます。起きて生活する習慣をつけることで、家に帰ってもベッドから離れて生活することができます。
運動 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が個別訓練を行います。365日体制で、毎日途切れることなくリハビリテーションを行います。一人ひとりの患者様の状況を病棟スタッフと共有し、「できるADL」ではなく、「しているADL」にアプローチしていきます。
社会交流 院内での患者様や家族様の交流を図り、退院後に続く仲間作りを支援していきます。
チーム医療 チーム医療イメージ

チーム医療

医師、看護師、リハビリスタッフ等が共同でリハビリテーションプログラムを作成し、寝たきり防止・在宅復帰を目指した総合的なチーム医療を行います。

チーム医療イメージ

リハビリテーション科

理学療法士
理学療法では、社会生活を送る上で必要な筋力、関節可動域、バランス能力、体力などの獲得を図り、基本動作能力(寝返り、起きあがり、立ちあがり、歩行など)や日常生活活動の改善へとつなげます。
作業療法士
作業療法では、生活全般に関わる諸活動を用いて、機能の回復を促します。自助具や福祉用具を適切に用いることで、生活を少しでもよりよいものにできるアプローチを行ったり、集団活動を用いての機能・意志・意欲の向上を図ります。
言語聴覚士
言語療法では、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援します。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。

リハビリテーション科スタッフ